FC2ブログ
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 トイレの豆知識

こんにちは~

一ノ瀬です!




本日は「トイレの豆知識」をご紹介させて頂きます。


テーマは
なぜ便座にはU形とO形があるのか?



気になりませんか

qsd.jpg

qdsd.jpg



便座形状が2種類ある理由・・・



それはそれは、遠い昔のこと・・・

そもそも今のような洋式便器は、
19世紀にイギリスやアメリカで発明されました。


それまでのトイレは、椅子の中に桶(おまる)を入れて使っていたそう。


そこから便器に直接取り付ける「便座」が考え出されたのは、1893年。
さらに20世紀に入ってからは、
今のように便座を取り付けた便器に座るようになりました


便座の目的は、
◆座った時にひやっとするのを解消すること。
◆便器の縁の汚れを覆うこと。


なので、O形の方が自然な形だったんですね




では
「なぜ手前の部分を削ったタイプ(U形)が生まれたか」

それは・・・


体格のいい男性が座った時、
O形の便座だと、便座の前の部分に局部が触れることがあるから・・・・



・・・



だそうです。
まじめな話です!



そんなこともあり、多くの人が使う公共トイレを中心として
このような状況を嫌がる人や、感染症を心配する声から
U形が生まれました





そういった経緯から、
日本にも洋式便器と共に、2種類の便座が伝わってきたのでした。

日本の”空気調和・衛生工学会”の規格では
『公共トイレはU形が望ましい』となっています。

ただ一般的には、O形でもそれほど気にならないという声もあり
O形でもU形でもあまり神経質になる必要はないかもしれません




ちなみにウォシュレットは、
暖房便座であることや、製品の強度が高いこと、成型のしやすさから
O型になっています。

※「ウォシュレット」はTOTOの商標です。
 いわゆる洗浄機能付便座(温水洗浄便座)のことですが、他社製のものも
 ウォシュレットと呼んでいる方も多いと思います。
 しかしウォシュレットと呼べるのはTOTOの製品だけです。
 例えばINAX製品の場合は、「シャワートイレ」となります。






いかがでしたか?
身近にある些細な違いにも、ちゃんとした理由があるんです




まだまだ勉強しないといけないな~と感じる、一ノ瀬でした
00:32 | トイレ
comment(0)     -
comments
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。