スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 2,000万円台で戸建を買う その4

一気に

暑い日が続いています

IMG_3231am.jpg

あまりにも暑いので、シーカヤックに乗ってきました

この日に限っての曇り空でしたが、それでちょうどいいぐらい




久々のマリンスポーツ、楽しかったです!


益井です








前回のブログから、時間が少し空いてしまいました。

今年も上半期が終わるということで、正直なところ余裕がありませんでした


でも仕切りなおしで、
「へー」や「ほー」がいっぱいのと楽しんでただけるものを目指して
引き続きがんばっていきたいと思います











さて、ご紹介が途中になっていた
池田市で2,000万円で戸建を買うシリーズ

前回は 「古い戸建だと、構造の痛み具合とか気にならない??」

という疑問に、お答えさせていただきました。






今日は「古さをどう生かすか」の工夫に関してです。

ここでいう”古さ”とは、いわゆる”ビンテージ感”のこと







このお住まい、ビフォーはこんな雰囲気でした。
池田市渋谷 050

ご覧の通り、築年数相応の仕上げになっています。



そんな中で、お施主様のご希望として
リノベーションしても、この古さの良さ・味を残したいというものがありました






こういうガラスも、今はあまり使わなくなっています。

IMG_0245.jpg

でも、めちゃめちゃがある 






こんな、元々の家の良い雰囲気を残しながらのリノベーション
ということで、まずは、室内のドアの質感に気を使いました。




室内ドアについては。

例えばメーカーの建具を使う場合・・・

lve_k_p4_uz.jpg

lre_k_nt_rcs.jpg

こういった表面が「化粧シート仕上げ」の建具が一般的。

最近は木目の再現にもこだわった商品も多く、質の良さもあり、悪くはありません。



家の微妙な傾き・ゆがみなど、多少のことならドアの調整金物で調整も可能

汚れにも強い

悪いことはないんです

むしろ、良い









ただ、今回は既存の柱など構造部を残してのリノベーション

本物の木を、仕上げ材としてたくさん使用しますので
最新の化粧シート仕上げ建具だと、どうしても違和感が・・・




というわけで、オリジナルの建具を作製

IMG_0244.jpg



「シナ材」という木を、そのまま表面に貼って仕上げ

柱や梁に塗ったものと同じ塗装を施す





IMG_0238.jpg

リビング入口のドアには
「チェッカーガラス」「ビンテージ感あるドアノブ」を使用









今回のテーマである
「アンティーク風」「ヴィンテージ風」の空間作りに、


建具も一役買っているのです 
21:15 | 戸建リフォーム
comment(0)     -
comments
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。