FC2ブログ
 

 10月10日は・・・

こんばんは、一ノ瀬です!





皆さん
10月10日といえば、何の日かご存知でしょうか?
すでにもう1週間以上前ですけどね・・・




そう、あの有名な・・・






誰もが一度は、目にしたことがある・・・


お世話になった(=使用した)ことがある・・・ かもしれない












TOTOの日

※サッカーくじのTOTO









らしいのですが、



私の中では
『(水まわりメーカー)TOTOの日(10=TO)』
 



なんです










ということで、そんなTOTOさんにとっての記念日になりそうな日
工場見学のお誘いを頂き、滋賀県までお邪魔してきました!







トイレやお風呂、キッチンや洗面等、
幅広い商品ラインナップのあるメーカーさんですが


TOTOといえば・・・

JHGY7JILK7.png

やっぱり「トイレ」でしょ
 




ということで、今回は
トイレの製造工程を実際に工場で拝見しつつ、ご説明頂きました









 トイレは製造工程のなかで小さくなる 



imagesCA0CF3I5.jpg

この写真、実は全て同じ製品。

  ●左のは 「成形したトイレ」 (粘土で形を整えた状態)
  ●真ん中は 「乾燥したトイレ」 (整形した粘土を乾燥させた状態)
  ●右のは 「焼いた後のトイレ」 (乾燥させたトイレを窯で焼いた状態)


なのだそうです



当然ながら、乾燥や焼き上げの段階でどのくらい縮むかも計算し尽くして
最初の成型がなされているとのこと。

ちなみに世の中に出回っている、私たちがお世話になっている時点の商品は

製造段階の最終形(一番小さくなった後)なんですね










また便器は、
表面に汚れがこびりつかないよう、細い管状の部分にまで
全面に釉薬を塗布するのがTOTO流

それをやってくれるのが、ロボットくん
(この塗装作業ロボットの動きは、人間の腕そのものでした。。。スゴイ

※写真撮影ができなかったので、残念ながら映像のご紹介ができません><






そして最終的には完成した全商品を、人間の目と耳で検査
(ちなみに、同業他社では抜き打ち検査だとか・・・)





全てはとてもお伝えできませんが、

さすがはTOTO  と感じた、工場見学でした。










皆さんも是非、工場見学してみてください
※予約をすれば、見学可能だそうです。






ちなみに、「お風呂ランド」という楽しげな施設 もあるそうです・・・

機会があれば、ぜひ行ってみたいと思います!


スポンサーサイト



23:02 | トイレ
comment(0)     -

 トイレの豆知識

こんにちは~

一ノ瀬です!




本日は「トイレの豆知識」をご紹介させて頂きます。


テーマは
なぜ便座にはU形とO形があるのか?



気になりませんか

qsd.jpg

qdsd.jpg



便座形状が2種類ある理由・・・



それはそれは、遠い昔のこと・・・

そもそも今のような洋式便器は、
19世紀にイギリスやアメリカで発明されました。


それまでのトイレは、椅子の中に桶(おまる)を入れて使っていたそう。


そこから便器に直接取り付ける「便座」が考え出されたのは、1893年。
さらに20世紀に入ってからは、
今のように便座を取り付けた便器に座るようになりました


便座の目的は、
◆座った時にひやっとするのを解消すること。
◆便器の縁の汚れを覆うこと。


なので、O形の方が自然な形だったんですね




では
「なぜ手前の部分を削ったタイプ(U形)が生まれたか」

それは・・・


体格のいい男性が座った時、
O形の便座だと、便座の前の部分に局部が触れることがあるから・・・・



・・・



だそうです。
まじめな話です!



そんなこともあり、多くの人が使う公共トイレを中心として
このような状況を嫌がる人や、感染症を心配する声から
U形が生まれました





そういった経緯から、
日本にも洋式便器と共に、2種類の便座が伝わってきたのでした。

日本の”空気調和・衛生工学会”の規格では
『公共トイレはU形が望ましい』となっています。

ただ一般的には、O形でもそれほど気にならないという声もあり
O形でもU形でもあまり神経質になる必要はないかもしれません




ちなみにウォシュレットは、
暖房便座であることや、製品の強度が高いこと、成型のしやすさから
O型になっています。

※「ウォシュレット」はTOTOの商標です。
 いわゆる洗浄機能付便座(温水洗浄便座)のことですが、他社製のものも
 ウォシュレットと呼んでいる方も多いと思います。
 しかしウォシュレットと呼べるのはTOTOの製品だけです。
 例えばINAX製品の場合は、「シャワートイレ」となります。






いかがでしたか?
身近にある些細な違いにも、ちゃんとした理由があるんです




まだまだ勉強しないといけないな~と感じる、一ノ瀬でした
00:32 | トイレ
comment(0)     -

 プロのこだわり?!~トイレ編~

幼かった頃に、人から言われたこと。


大人になってから

ふと思い出すことってありませんか?






「あのときお母さんが言ってたことって、こういう意味やってんや

みたいな。







自分の認識が間違っていた、

もしくは

自分の認識が浅かった、



ということに、大人になってから

何かの拍子に気づくときが多いかもしれません。。。







それが
自分のことをより深く思ってくれての言葉だった

と気づいた時、


十何年後かに

恐ろしいほどの感動を覚えることもあります





望月です








先日、TOTOのショールームにお客様とトイレを見に行きました。

0501_pht01.jpg



TOTOのトイレには低水位モードという設定があります。


その目的は・・

●水面を下げることで、大便時の水の跳ね返りを抑える

●水面を下げることで、便器の輪染みが掃除しやすい





あと一つご説明いただいたのが、

●”検便”がしやすい 






・・・TOTOさん、

私たちの、年に数回とない検便のことまで考えてくれているのですか






プロのこだわり・職人魂ですね









前置きが大層になりましたが、


こんな小さな感動を、

お客様と一緒に覚えましたとさっ



10:44 | トイレ
comment(0)     -
| HOME |