FC2ブログ
 

 エコな生活

ここ数日、ものすごく寒い日が続いていますね

冷たい雨が急に降ったりするので、外に出るのが億劫になってしまいます



そんな中、先日ボルダリングに行ってきました


家から車で30分ぐらいのところに、こんな場所が
ボルダリング
壁の出っ張りをつかんで、足をひっかけて、よじ登っていきます!

今回はじめての”ボルダリング”でしたが、初心者でも十分楽しめました

約2時間、ずーっと壁をのぼり続け・・・


最後には腕がパンパン・・・





宮前です。


そんな私ですが、リフォームだけでなく
太陽光発電の担当でもあります



テレビや新聞などで数多く取り挙げられたため、
最近ではすっかりメジャーになった『太陽光発電』


ですが、意外に具体的な中身は知られていないようで・・・

  「日中に発電した電気を貯めて、夜に使うんでしょ?」

  「太陽光って、なにがいいんですか?」

  「太陽光パネルをつけると、雨漏りの危険性があがるんですよね?」


などなど、様々なご質問をいただきます。



ですので本日は、簡単にはなりますが『太陽光発電』のお話です。

太陽光


まず、太陽光発電の設備だけでは
   ”電気を貯める”ことができません   



電気を貯めるには「蓄電池」の設置が必要なんです

しかしこれは、まだまだ高価で、サイズも大きい

そのため、ご予算や敷地の広さ等にもよりますが、”電気を貯めて使う”ことは簡単ではありません。






そして、雨漏りのリスク

太陽光パネルは、屋根に穴をあけて施工します。

そのため、やはり危険性が伴います


ただ「国内主要メーカーの製品」の多くは、認定を受けた業者でないと工事ができません

太陽光施工中

また、工事保証をつけてくれるメーカーもあります
(例えばリンナイさんは、メーカーとして工事保証をしています)

このように、太陽光発電システムのメーカーも、
消費者が安心して設置できるよう、いろいろ策を考えています







さて。
ここまで太陽光のデメリットばかり書きましたが、もちろん、いいところもたくさんあります

  環境にやさしい、とか・・・
  節電意識が高まる、とか・・・
  電力不足でも安心、とか・・・


いろいろありますが、中でも大きいかなと思うのが「売電」



先に述べたように
太陽光発電システムだけでは、「電気を貯めることができません」


その代わり、「作った電気を売ることができます」
これを『売電』と呼びます。


この「売電」が、
”太陽光発電システム設置により電気代がお得になる”
というメリットを生むのです





平均的なご家庭では
電気を買う(使う)時、約24円で電力会社から買っています

※電気は、使用量が増えるほど単価が上がる仕組のため、料金はご家庭によって異なります。
※オール電化の場合は、上記とは異なります。



一方、電気を「売る」際は、42円で買い取ってもらえます

※2012年度の売価です。



つまり、ほぼ倍の価格で売買可能なんです

単純に、買う量と売る電気の量が同じでも、儲かります
 (感覚値では多くのご家庭で、売電量の方が多いような気がします。)



ちなみに、この42円の買取価格は、来年の3月末まで

しかもこの売電価格、10年間の固定が保証されています
(つまり、10年間42円で買い取り続けてもらえます



ところが市場では、来年の4月以降は”36円位になるのでは?”と言われています
(実際どうなるかは、わかりませんが・・・)



数年前に比べて、太陽光発電システムの価格はずいぶん下がりました

同時に、売電価格が高く設定されている今

この先どうなっていくかは誰にもわかりませんが、
今は、なかなかの買い時だと思います






「もっと知りたい」「ここが分からない」等あれば、
お気軽にお問い合わせください
スポンサーサイト



17:52 | 太陽光
comment(0)     -
| HOME |